数十年続く歯医者恐怖症

“私は子持、40代主婦のマリです。
私が悩んでいる事はずばり、歯医者恐怖症です。
思い返せば中学生の時。元々矯正が必要なくらい歯並びが悪かったので歯医者に通っていました。虫歯の歯があり、先生に「これを抜いて歯を動かして綺麗に矯正しよう」と言われ抜く決心をしました。

しかし、抜くための麻酔をされた時にあまりの恐怖が重なって貧血を起こしてしまいました。もちろん抜歯もできずに帰宅。

それ以来歯医者へ行く事が怖くなってしまい治療も中断してしまいました。
それからの人生、いかに歯科検診をスルーするかばかりを考えていました。高校時代の歯科検診は当日気分が悪くて早退をしたり、気持ちの問題もあり本当に熱が出る事もありました。

年齢があがるにつれて、口内環境も次第にボロボロになってきました。今いけば…と思いながらも思い出すのはあの麻酔の時の気分の悪さ。なかなか歯医者へ行く事ができません。

そんな私が一番ショックを受けたのが妊娠と出産によるカルシウム不足でよりボロボロになっていく口内環境でした。

虫歯になっている歯がいきなり欠けてしまったり、痛みがあったりする度にこのままにしておいてはいけないと気分が落ち込んでしまうのです。
私の母も歯が弱く、若い頃から入れ歯を使っているので私も歯医者にいって総入れ歯にしてほしいと思ってしまいます。

しかし、歯医者恐怖症の思いの方が強く近くの歯医者を調べる事はできるのですが、それ以上の行動を起こす勇気がありません。
今は奥歯がしっかりしている為物を噛む事も出来ているのですが、それが出来なくなる前に歯医者へ行かなければいけないと感じています。

早く綺麗に処置をして、数十年できなかった歯を見せて笑う事がしたいというのが今の私の目標です。年齢もオバチャンに近づいてきて、入れ歯にする覚悟も出来てきました。
このままにしておいても健康面から良くない事もわかっていますし、思いきって歯医者へ行く努力をしたいと思います。